親(大人)の愛

こっぴどく親(周りの大人)に叱られ

口もききたくないとふて腐れた経験。

どんな方にも覚えがあることと思います。

ボストンバッグ

私たちは子供の頃から

叱られることがまるで仕事のように

親(周りの大人)から大小さまざまなことで

叱られてきました。

ある程度年齢を重ねたある日、ふと

”あれは叱られていたのではなく

守られていたのだ”

と気づきます。

それが解ってしまうことも

どことなく寂しくて・・・

思いきり叱られ泣いていた日々が

時々、猛烈に恋しくなったりするのは

どうしてでしょうね。

3月も半ばになると

国内のあちらこちらで

巣立ちのシーンを見聞きします。

送り出す親御さん

新たな世界や生活へ

眩いばかりの希望を胸に

巣立ってゆく成長されたお子さんたち。

親子の手

そうして若さ溢れる彼らも

この先のいつかある瞬間に、ふと

”自分は叱られていたのではなく

親や大人に守られていた” のだと

気づくときが来るのでしょう。

親はいつまでも親で

いずれ老いてどのような姿になろうと

決してその立場が逆転することはない

子にとってもかけがえのない存在だと

改めてしみじみと

静かに悟る日がくるのだと思います。

”親(周りの大人)に叱られる”

なんだかものすごく

大きな愛で包まれていることなんですね。

3月に巣立つすべての若者の皆さんに

心からのエールを送りつつ

少しだけおセンチな気持ちになりました。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ