春の陽射し

野に咲く黄色い花

春の陽射しの下

いっせいに色彩が溢れ出した我が家の庭。

まばゆいばかりのカナリア黄色、情熱的な赤

柔らかなピンク、人目を惹く桃色

ところどころに白や紫も混じり映え

何色と一言では言えぬほど濃淡さまざま

それぞれの美しさを放っています。

春の陽射しは強すぎず、弱すぎず

ちょうどいいのが魅力的です。

バランスが良い暖かさと陽射しの強さ。

そこにずっといたくなるような温もりと安心感。

感じるのは、すべてを包みこむような大きな愛。

人に例えたらどうでしょう。

強すぎず、弱すぎず

振れ幅はあっても常に戻る中庸を知る人。

暑(熱)すぎず、寒(冷え)すぎず

でも、あったかい。

傍にいると安心して意欲がわく。

夏、秋、冬・・どの季節の陽射しも

それぞれ特徴があって素晴らしい。

けれどもやっぱり私は

その下に生まれ集う色彩豊かな生命たちを

放つ柔らかな光でいっそう輝かす

春の陽射しに憧れます。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

心の種まき