シリーズ まさこの部屋「こんな表情(かお)に会いたくて」番外編② 

本日こちらの「まさこの部屋 番外編」でご紹介させていただきますのは、くれたけ心理相談室 さぬき支部でご活躍中の内山 深賀(うちやま みか)カウンセラーです。

一言で内山カウンセラーを表現するならば、 ”ありのままの大切さを身をもって知る等身大で生きる素敵な女性” でしょうか。

 

内山深賀カウンセラー

 

猫とゲームをこよなく愛する内山カウンセラー。

写真をご覧いただいてもおわかりいただけるように、とっても柔らかな雰囲気をお持ちです。そして感受性の非常に豊かな方でいらっしゃいます。

けれども、後ほどご紹介する彼女のブログをはじめ、いくつか赤裸々にご自身の辛い時期について綴られたブログを何本かお読みいただけますと凄まじい人生の課題と正面から向き合い、それらを懸命に乗り越えてらした非常にタフな方でいらっしゃることがよくおわかりいただけるかと思います。

真正直に等身大のご自分をさらけだす勇気のある方だと、私はとても信頼し、また知るほどに奥の深い女性だなぁと興味をひかれます。

大変重篤な ”うつ病” を長く患われ経験から彼女が発信する言葉には、私自身も心を病んだ母と過ごしたとことん彷徨い、ときに出口のない世界に閉じ込められたかのように悶々とした、のたうち回るようなかつての日々を思い出し心が打ち震えることが多々あります。

彼女のブログに綴られている言葉がときに勢い余って語気が強くなることがあっても、どこにも出口のない、光の届かない深い海底を永遠に彷徨い歩き続ける様なご経験をされた方にしかわからない苛立ちや憤りであることは少しご理解いただけるかと思います。

人って、ほんとうに心底しんどい時に、聞こえのいいうわべだけのきれいごとは一切心に響かないんですよね。

私自身も、それを身をもって経験したことがあるのでよくわかります。

そんなとき、心身の不具合をはじめさまざまなご経験から痛感した思いをもって、世の中へ経験に基づいた等身大の発信をし続ける内山カウンセラーのような存在に救われることってあると思います。

今は完治した母の療養中、こんなカウンセラーさんに会えていたらもっと心が救われていたかもしれないとふと思うことがあるんですね。

そんな内山カウンセラーのブログより、最近読ませていただいた中で私が良かったものを一つご紹介させていただきます。

「オープンハート」

お辛い経験をした方だからこその正直でストレートな、それでいてどこかそっと寄り添う温かさのある視点はこのブログに限らず、時に胸にグンと迫ります。

 

 

音楽も大好きで、若い時分は好きなバンドの追っかけにエネルギーを費やしてらしたという内山カウンセラー。

彼女の本来備え持つパワフルさは、今はカウンセラーとしての責務に注がれています。

さぬき市の皆さんに限らず、神社がすぐ近くにありたいへん澄んだ心地良い空気が流れるエリアにあるという、くれたけ心理相談室「さぬき支部(相談室)」に内山 深賀カウンセラーのお顔を覗きにちょっと寄られてみてはいかがでしょうか。

 山深賀カウンセラーの公式サイト

 「シリーズ まさこの部屋 番外編① 山田真智子カウンセラー」

 

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

大丈夫