誰と食べるか

amico 食事

 

「何を食べるかよりも、誰と食べるか」

最近、話した親しい方が

昨年来、環境が大きく変わったけれど

家族で過ごす時間が楽しくて仕方ないと

おっしゃっていました。

食事は特に大きな変化ですね。

たとえ家族で住まっていても

それぞれが異なる生活パターンだと

食事の時間は当然ばらばらになります。

ところが、事態が変わった世の中により

仕事や学業も在宅の割合が増えたことから

家族が一緒に揃って食事をする機会も増え

食卓を囲んでの会話も増え

世代を超えた情報交換が活発になるので

刺激的で楽しいとおっしゃいます。

毎度食事を作るのは大変で

何を食べるかを考えてしまうことがあっても

やはり家族が揃っていただく食事が美味しく

また楽しいのだそうです。

私も同感できました。

”当たり前” という言葉が昨年以来

あちらこちらで飛び交っています。

何を食べるかより誰と食べるか。

これまでの価値観が大きく変わり

目の前にある ”当たり前” だった

日常のささやかなことを大切にできる

毎日もなんだか素敵ですよね。

 

プルチーノのパスタ

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

心の草とり

次の記事

雨の日は・・