雨の日は・・

雨に濡れた紫陽花

 

『湿気と仲良く』

雨の日ほど、いつもより気持ち

ペースをゆっくり目にして

心地よさに重きをおいて行動してみる。

ここ安曇野でも

夜半からかなり激しくなった雨脚は

朝も止むことなく降り続けています。

梅雨の季節になると湿度が高い日が

多くなりますね。

湿気が自然界に停滞すると

人の身体にも同じように滞り

体力がない方ほど、「湿邪」と呼ぶ

気が侵入しやすくなります。

「湿邪」の特徴は

重い、滞る、粘る、濁る。

体内に余分な水分が停滞しやすく

下半身を中心に

むくみや、手足の重だるさ

頭が重いといった症状が表れやすくなります。

梅雨の時期には

身体にたまる湿気を取り除くよう

①汗として出す

②尿として出す

③飲食物の消化、吸収、運搬を担う脾の機能を改善する

ことが効果的とされています。

体内の湿を取り除き、むくみを取るために

スイカ、トウガン、小豆、エンドウ

アサリ、昆布、海苔といった海産物

もやし、白菜、アスパラガス、セロリ

こんにゃく、ウド、セリ

といった食材を摂ることがおススメです。

また、シソやパセリ、セロリに

コリアンダーなど、香りのよい食材で

消化を助けてあげるのも良いですね。

冷たいものや甘いものは適度にし

摂りすぎて胃腸を冷やさないほか

お酒好きな方も

湿を体内に生む梅雨の時期は

いつもよりほどほどに・・。

 

カタツムリ

 

梅雨の時期、特に雨降りの日に

いつもより気分が滅入りがちなのは

こうした自然界と身体の繋がりからくる

とっても自然なことなので

不快要素に目を向けてしまうよりは

むしろ、肌触り、目に映るものなど

「お気に入り」や「好き」の感覚から

心地よい感情をあえてつくってみることも

とても大切なのかもしれませんね。

今日も良い一日をお過ごしください。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

誰と食べるか