脳を運動させるって?

矢車草の群生

 

できないことがあることを喜ぼう!

と以前こちらのブログで書きました。

大人になると、どんなことでも

なるべくスムーズにいくことを願い

できないことがあると、気も焦り

時に苛立ってしまうこともありますよね。

高齢になってからスマホを始めた父が

もう何か月も毎日にように呻いています。

機能を使いこなしきれず

頭を抱えている姿を眺め

「脳を運動させているなぁ」と

本人の苛立ちとは別に羨ましく思い

見守っています。

肉体レベルでいうなら

脳を活性化させることって

身体の感覚を呼び起こすことなんですよね。

私たちが自分の目で見て、耳で聴いて

舌で味わい、手や指で触れて”感じている と

思っていることは

すべて脳のなかで行われており

目や耳、舌や手足は

ただ外部からの情報を集める役目を

果たしているにすぎません。

 

樹の幹から新芽

 

ブログで何度かご紹介してきたように

太陽光を浴びて、幸せホルモンと呼ばれる

セロトニンを分泌させるのも

目から入った刺激を感覚神経を通じて伝達し

その情報を脳が解析してホルモン分泌を

促しているわけです。

つまり、これまでは

感じられなかったことを

感じられるようになったり

以前はできなかった動作を

できるようになるということは

外部からの刺激を受けいれる

目、耳、舌といった感覚器官と

その刺激の信号を解析する

脳の2つの領域が呼び覚まされ

活動し始めたことを意味します。

私たちが生活のなかで

適切な運動を通して

身体のさまざまな感覚を呼び起こすことは

脳みそを目覚めさせ

活性化させることにつながっているわけです。

ある程度の年齢になると

一定の行動&運動パターンを持ち

それらをお決りのように使うため

脳もその活動に関わる限られた部分だけを

使うようになってしまっています。

普段とはちょっと違った筋肉を使う

あるいはいつも動かす慣れた方向とは

違う方向に身体の部位を動かす

触れたことのないものに触れたり味わう。

「はじめて」や「慣れない動き」は

眠っていた脳の感覚を呼び覚まし

活発に運動させる、いわば脳にとって最高の

トレーニングメニューとなるのですね。

肉体運動するときに

呼吸しながらやるのが大切なように

脳の運動をさせているときも

しっかり呼吸をしながらをお忘れなく!

呼吸はどこを運動させるにも大切です。

今日も外は眩しい程にいいお天気ですね。

ぜひ、いつもは触れたり

味うことのない感覚や

普段は使わない身体の部位を

少しだけ使って、脳を思いきり

運動させてあげてみてくださいね。

きっと脳も喜んで皆さんに

たっぷりご奉仕してくれるはず。。。

関連ブログ 

「太陽光でエネルギー充電」

「できないことがあったなら」

「生命のリズム」

クレームブリュレ

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ