ときには爬虫類のように・・

心身、疲れて何も考えたくない

何もしたくないときって

誰にでもあると思います。

 

ラベンダー

 

私たちの脳は

1.脳幹

2.旧皮質(大脳辺縁系)

3.新皮質(大脳皮質)

といった具合に

大まかにいうと三層構造ですが

心や身体がSOSを出しているときほど

基本的な生命活動を行う

3.の脳幹に立ち返ってよいと思います。

ちなみに

上述の3だけを持つのは爬虫類です。

2~3を持つのは哺乳類全般

1~3まで持つのは私たちを含む

霊長類ですね。

梅雨の晴れ間から

再び大気が風雨を伴い荒れだした

木曜日の晩を迎えた今

もう理屈などなく

バタンキューといって

身体も心も休めていただくのには

1.で司る ”思考や判断” は

ストップさせるといいかもしれません。

2.が司る ”感情反応” も

一旦、内から外へ取り出して(吐き出し)

眺めたらそれ以上関わらない。

何かが湧き上がってくるのなら

「笑うこと」だけに

あえて徹して欲しいです。

あとは本能に任せて

生命を健康に維持するために

食べる、眠るといった

原始的な生命活動を大切にし

ただゆったり過ごされ

早めに休まれることを

おすすめします。

 

カモミール

 

豊かな感情や高度な思考を

備えた脳の機能も一旦はお休み。

本当に疲れたときは

静かに深く呼吸して

爬虫類になった気分で

脳(心と身体)を休めたいですね。

また明日の朝、目覚めたら

進化すればよいんですもの

今晩は爬虫類になっても大丈夫。

今日も本当にお疲れさまでした。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

心の感度