慈雨の音

雨に濡れた牡丹の葉

 

土が硬くて苗が育たない。

今日お会いした農家さんがおっしゃった

植えたばかりの作物を案じての言葉です。

草とりをするにも

雨のない日が続き

暴風による乾燥も手伝ってか

作業がしにくかったとのことでした。

本日は安曇野でも、久しぶりに

本降りの雨に見舞われました。

大地に染み込む慈雨を眺め

安堵をもらす農家さん。

おひさまが輝く晴天は

生き生きとしたエネルギーを得る

最高の恵みですが

やはり雨もなくてはならない恵みです。

私たちの心にも雨の時季は

細胞のすみずみまで染み込むように

大切になることがありますね。

エネルギー全開で

溌剌とするときもあれば

雨音に静かに耳を傾け

ゆったりする時間を経て

心が柔らかくなり潤わされることもある。

6月の本格的な梅雨を迎える前の

週末、雨の晩は

いっそう緑の濃さを増した

草木の新緑に弾かれる雨音

大地に染み入る雨音

屋根や窓にぶつかる雨音・・

雨が奏でるさまざまな音に耳を傾け

私たちの心にもじわっと染み入る慈雨を

ゆっくり感じていたくなりますね。

緑雨の降り注ぐ庭のあちこちから

ほっと優しい気持ちになれる音が

聴こえてきそうです。

皆さんの心には

どんな雨音のメロディが

響いているのでしょうね。

今週も1週間、お疲れさまでした。。。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ