102歳から季節の贈りもの

梅の実

 

お隣に住まうおばあさん。

年齢は102歳だそうです。

耳が遠いとのことで

ご挨拶をしても

目や会釈以外の言葉で会話することは

容易ではありませんが

それでも毎日、外でお元気に

何かしらの作業をしてらっしゃいます。

朝は4時前には起きるというお隣さん。

就寝は一家全員、夜の8時前だそうです!

おばあさんは、手押し車を押し

歩いて数分の大型スーパーへ

お買い物へ出かけたり

お庭の花や草木を大切に世話してらしたり

実った梅を木から落としていたり

ちょっとした日曜大工をされていたり・・。

しゃがんで草とりをしていらしゃることも

結構あったりします。

身づくろいもきちんとされ

息子さん家族と一緒に住まわれていますが

お料理もまだ現役でなさっているとのこと。

なによりお元気でいらっしゃいます。

毎年、梅雨入りの時季になると

我が家はこのおばあさんから

手造りの梅シソ(紫蘇)ジュースを

2 リットルいただいています。

手造りジュースを胸に抱え

キッチンの裏の入り口ドアを

こんこんとノックする音がする。

この季節、こちらのドアを叩くのは

お隣のおばあさんだけなので

「あぁ、今年も紫蘇ジュースの時季だな」

と季節の風物詩になっている光景です。

きれいな赤紫色の梅シソジュース。

かなり濃厚なので

炭酸やお水と割って飲むことが多いでしょうか。

健康にもよく今時分には弱りやすい

胃腸をすっきりさせるので

ありがたく家族でいただいています。

いくつになっても

身近な周りの人のために

自分が無理なくできることを

毎日コツコツとこなされ

生活の基本を大切に暮らす。

年齢に関係なく

生き生きと輝いてらっしゃる姿から

「生きるとは」という大切なテーマを

学ばせていただいているような気がします。

来年もまた、おばあさんの

美味しい温もりたっぷりシソの味を

いただけますように。

どうかいつまでも

お元気でいらしてください。。。

 

梅シソジュース

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ