曇り空で映える心の色

てっせん

 

好天が続いたあとの久しぶりの曇り空。

当たり前のように浴びていた

おひさまの陽射しがない朝も新鮮です。

曇天の下では、目に映る色彩の濃淡も

また晴天下の見え方と変わって

いつも見慣れた景色が

まるで別世界のように見えることも

ありますね。

私たちの心も

眩しいほどに晴れ渡ったり

厚い雲に覆われくすぶったり

大雨で前も後ろもわからなかったり

日によってその心象風景

それを描く色彩までも変わってきます。

どれがよいということはいっさいなく

どの色で描かれた世界も

さまざまな空の下に広がる景色同様

すばらしいと思います。

感情をもって生きるからこそ

私たちは毎日のように違った色で

その心の風景を彩っている。

おひさまの下では光の反射が強すぎて

正確に捉えられない色彩が

曇り空のなかでは

本来備え持つ

眩いほどの瑞々しい色彩を

放ち映えるように

曇り空の中だからこそ浮きだつ

自身の一面もあるのだと思います。

どんな自分も大切で愛おしく

そのまま慈しみ受け入れる。

その心に描かれた風景は

同じものが一つとない

大切な今日という日の記録なのですから・・。

皆さんは

今日の心のどんな風景を

どんな色で

描かれるのでしょうね。

良い週末をお過ごしください。

関連ブログ  「彩り豊かな絵」

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

乗り切った!

次の記事

少年の夢