食のコラボ(りんごとナポリタン編)

りんごナポリタン

安曇野林檎ナポリタン

 

果物をお料理に使う方法って

ご家庭でも意外と皆さん

やっていらっしゃるんですね。

 

先日、毎年この時季にいただく

大量のブルーベリーについて

ブログに綴ったところ

とある方面から

「ブルーベリーカレー」
(ついでにブルーベリーで炊いたご飯も)

なるものをご紹介いただき

衝撃を受けたばかりでした。

 

今日は ”りんご” です!

 

知られているかどうか

わかりませんが

安曇野はりんご栽培が盛んなうえ

品質も優れた隠れ名産地です。

 

この、ご当地生産物である

りんごを使って

お料理やお菓子メニューを

売り出すという

いわゆる「ご当地名物食」を

地域で競いあうという試みが

何年か前にありました。

 

この催し以来

りんごを用いた各種メニューが

市内いくつかの

レストランや喫茶店に

常設されるようになっています。

 

本日はいくつかある中でも

私がイチオシしたいお店の一品を

ご紹介しますね。

 

「御食事処 美里」さんの

”安曇野林檎ナポリタン”。

 

”小松っちゃん、いつも
B級グルメばっかの紹介じゃん”

と言わないでくださいね!(笑)

B級グルメは食の基本。

愛してやまない私には

大切なオアシスなのです。❤

 

ナポリタンソースに

紅玉りんごのジャムと

シナモンを足し合わせた

絶品のナポリタンソース。

 

麺の上には上部写真のように

細い千切りにした生のりんごが

どっさりと乗っています。

 

「いやいやあり得ないから」

とおっしゃった、そこの

おにぃさん、おねぇさん!!

ぜひ一度、だまされたと思って

召し上がってみてください。

 

濃厚なソースが病みつきになり

最初こそ違和感を抱く

千切り生りんごが

ソースとよく絡む麺の歯ごたえと

合うこと、合うこと・・。

 

またこの濃厚なソースが

ブロック肉を厚切りした

肉厚で大きなベーコンの旨味と

合うこと、合うこと・・。

 

まさしくジャンル不問の

創作料理です。

 

”こんなコラボ、ありなのね!” と

思わずうなずいてしまう

癖になるお味ですね。

 

下手に私が口で説明するより

何はともあれ一度

機会がありましたら

召し上がってみて

いただきたいです。

(あ、リンゴアレルギーのある方は
思いきり生りんご使っていますので
避けたほうがよろしいですね)

 

りんごとハチミツの

バーモントカレーがあるなら

りんごナポリタンも大ありです。

 

実は、安曇野市内の

レストラン何店かで

いただけるメニューですが

当然ながらお店ごとに

お味もアレンジも異なり

それぞれの良さがあると思います。

 

私個人のイチオシ

ということで

今回はご紹介させて

いただきました。

 

最後にシナモンを振り

パスタを仕上げているところ。

このシナモンスパイスが

入るかどうかで

全体の味の締まりが

異なるような気がします。

 

かなり濃厚なお味なので

連続はキツイかもしれませんが

思い出したように

たまぁに食べたくなる

濃ゆ~くて、離れられない

一品です。

 

食材の組み合わせについての

可能性は無限ですね。

 

人と人もこんな具合に

まったく思いもしなかった

分野、業種同士で

想定外の素晴らしい何かが

できてしまうことって

あるのでしょうね。

 

コラボは常に新たな扉を開く

きっかけ・・・。

 

食も、人も

思わぬ出会いを楽しみながら

より良い化学反応を起こし

世の中に還元していけたら

いいですね。

 

安曇野林檎ナポリタン

仕上げに振られたシナモンスパイス

御食事処 美里
長野県安曇野市堀金烏川扇町5059−10
0263-72-6952

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

新しいページ