ひょんなこと

パン

 

先日、相談室の100の質問にも

答えましたが

”ひょんなこと” って

ひょっこり何かに

出逢ってしまうこと。

そんな風に考えています。

 

何かは「ワクワクする」

という意味も含まれていて

”ひょんなこと” には

ステキな何かが

隠れていることも多いですね。

 

松本市内で車を停め

銀行に出向いた帰り道

老舗パン屋さんの前を

通りかかりました。

 

いつもはすすっと

通り過ぎてしまう店なのに

なぜか気になり

ショーウインドウ越しに

並んだパンを覗いて

買おうかなと足を止めるも

一旦は通り過ぎます。

 

それでもと戻った店内に

顔見知りがいらっしゃいました。

 

松本を拠点に活動されている

著名な俳優 兼 演出家

串田 和美 さんの奥様で

写真家でらっしゃる明緒さんです。

 

昨年、また年明けの

座談会や舞台でご一緒して

ご挨拶申し上げた

既知のご主人はともかく

お互いにすごくよく

知っているわけではないのに

「○○さん?」
「どこかでお会いしましたよね」

といった類の会話は

一応成立する素敵な女性との

思わぬ場所での再会でした。

 

夏場から秋にかけての

文化芸術活動について

ご案内をいただき

パン屋の会計も余所に

長く話を弾ませてしまいました。

 

私はこうした

ひょんな出会いが

たまらなく好きなんです。

 

どんな方であっても

気取りなく

心が弾んでワクワクする

お相手と知り合い

交流できることに

エネルギーをいただく

タイプなので

おやつ代わりに

数個のパンを買うためだけに

立ち寄った店内で

ステキな再会に遭遇したことで

その後の時間を終日

きらきらした幸せな気持ちで

過ごせました。

ご縁ってほんとうに

不思議ですよね。

 

人との接点は点から始まり

わっとその周囲へ

ネットワークが広がるので

一つ一つの点となる

自分が大事にしたいと思う

すべてのご縁を

これまで以上に

大切にしていきたいなと

改めて思いました。

 

同時に私自身も

会って、また接点をもって

良かったなと

心弾ませる存在として

たくさんの良いご縁と

繋がらせていただけるよう

これからも

歩みたいなと思いました。

 

曇天の下の雨降りの街が

入店時よりもいっそう

鮮やかに目に映る。

そんな日も

たまには好いかな。。。

 

“ひょんなこと”

どんなときも

次なる物語の始まりですね。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

乾き