乾き

 

雨粒の乗った葉っぱ

 

朝から晩までの外出が続き

庭の花を見てやれないとき

地面や鉢の土表面が

真夏の炎天下で乾ききり

カチカチになってしまっている。

そんな日があります。

 

そんなとき

そこから水やりをしても

乾ききった土には

水が浸透することなく

やってもやっても

鉢に溜まるか

土のひび割れた部分から

ざるのように勢いよく

水が鉢底へざあっと

流れ落ちてしまい

土に浸透することは

ないのだと思います。

 

いつもの何倍もの水を

何度も繰り返しやることで

ようやく土に

柔らかさを取り戻す。

 

人の心も同じかもしれません。

 

乾ききってしまい

干からびて

どんな慰めや言葉を

もってしても

何も感じない
涙が出ない
人の声が耳に入らない

そんな状態になる前に

自分の心の乾き具合に

気づけますように。

 

土の表面も、地中も

水分が充分いきわたり

本来の柔らかで

豊かな大地や土を懐に

幸せの芽を

たくさん育めるように

なりますように。

 

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

ひょんなこと

次の記事

おかえりなさい