ふとした瞬間に

 

ばらとロウソク

 

いつまでもあると思っていたもの。

 

例えば、同じ顔触れが集まる場所や

同じことが繰り返される日常。

 

家族はその典型かもしれません。

 

ふとした瞬間に

ずっと同じではないことに

気付かされることがあります。

 

先日、夜のウォーキングに

久しぶりに一緒に出かけた

父の歩く速度に

驚いたことがありました。

 

つい1~2年前までは

私と同じスピードで

歩いていたはず。

 

ところがふざけているのかと

疑ってしまうくらい

極端にペースが遅く

「これで精いっぱい」と

怒りだす始末。

 

年齢を考えれば当たり前のこと。

 

それでも、日々の暮らしで

共に顔を合わせ

過ごす時間の中では

父は私が子供の頃からの

父のままで

見た目が変わっただけという

ある種の錯覚に陥ります。

 

”いつまでもあると思うな親と○○”

 

ふとした瞬間に

共に過ごす人々との時間

特に大切な存在と

分かち合う時空間に対して

 

”泣いても笑っても
今この瞬間限りの一コマ”

 

という現実を

突きつけられ焦る自分が

いることに気づかされます。

 

大切なものほど

日常の中の当たり前に

溶け込むようにあるものだと

改めて実感する瞬間でした。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ