舞台の真ん中で

 

 

私たちは一人一人

自分の選んだ仕事を通じてだったり

様々な人生経験を通してだったり

時に人間関係の中からだったり・・

 

 

その人それぞれのやり方で

人生の目標を実現するために

自分自身の舞台の中央に

あるのかもしれません。

 

 

年齢がいくつになっても

スポットライトは

主人公本人だけを照らし続け

 

 

喜び、悲しみ、苦しみ

どのような感情を伴う出来事であっても

それらのすべてが

自分の物語を構成する大切な場面として生じ

経験しているかのようです。

 

 

自ら舞台を降りない限り

物語は主人公にライトをあてたまま

続いていきます。

 

 

本人が意識していようがいまいが

お構いなしに・・。

 

 

それならば

“思い切りライトを浴びて

存分に輝いてやろうと思うのよ

この生命尽きる瞬間まで・・・。”

 

 

そんな声が

秋の柔らかな陽射しを全身に浴びた

山アジサイの終盤の姿から

ふと聴こえてきた気がします。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

繋がる