明るいほうへ

八ヶ岳のパン屋の花

 

年齢にはいっさい関係なく
人は自分自身の内側の
あるいは外の世界の
明るい光のある方へ
行きたいと願う
生き物なのだと思います。

 

きっとそれは
私たちの内側にある
芯の部分そのものが

明るい光のような
本性を持っているから
なのかもしれません。

 

自分を大切に思い始めると
他の生命や
世の中に対しても
同じような気持ちを
抱くようになる気がします。

 

”こんな歳でお恥ずかしい・・”
とおっしゃりながらも

自らの内なる世界の
変革を始められた
ご年配の方と出逢い

暗闇の中で抱き続けた
絶望や苦痛の中でも
太陽のように明るい心を

自ら見いだそうとなさる
気高さに
大きな感動と勇気を
いただいています。

 

◎ご本人の承諾を得て記載しております。

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ