最近、泣いてますか?

色がつく前の紫陽花

 

会社勤めをしていた頃

定期的に泣く時間を決めて泣いている

という同僚がいました。

普段は泣くことをがまんしたり

忘れてしまっているので

そうと決めたその日だけは

眠る直前にティッシュを枕元に用意して

静かに横たわって

ムーディーな音楽を聴きながら

自分の内側を見つめて泣くのだそうです。

悔しかったこと、悲しかったこと。

恥ずかしかったこと、うれしかったこと。

心のひだを震わせたさまざまなできごとを

思い出してはただ成すがままに泣くのですね。

「なるほどなぁ」と思いました。

私はどちらかというと

喜怒哀楽も子供のようにハッキリしているので

泣きたいときはもちろん立場をわきまえ

がまんすることもありますが

それでもその後どこかでちゃんと

泣ける場をつくり泣きたかった私を

思いきり出すようにしています。

悲しみは人それぞれ

抱える人生の課題が異なるので

心のひだの痛みや感動を感じる部分も

また、感じ方も、その度合いも

やはりそれぞれ異なります。

それでも、たまに

内に溜まった心の澱を

自らの涙で外へ洗い流すことを

やってみることも大事なのでしょうね。

泣くことをがまんしなくてよい場所を

たとえ一つでも持っていると

なんだか救われたような気がします。

泣くだけ泣いたら、また涙をふいて

新しい気持ちで立ち上がればよい。

いつも笑顔で、周りをおもしろおかしく

笑わせていた彼女が

どんな気持ちで泣いていたのかと思うと

昔も、今も、ただ想像ばかりですが

泣く時間をつくることが

きっと彼女ならではの心のバランスを保つ

「祓い清めの儀式」のようなものだったのでしょう。

私たち、毎日を一生懸命生きているんですもの

そりゃ、たまには泣きたくなるわいな・・。

時々、涙を流して浄化することも

大切な心のメンテナンスなのだと私は思います。

皆さんは最近、ちゃんと泣いていますか?

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ