どんな私も受け入れる

チューリップと柳

 

生きていればその時々にさまざまな私がいて

なんだか情けないくらい恰好悪い私もいれば

よくがんばったなと褒めたい私もいる

きらっきらに輝くように思える自分も

どん底で打ちひしがれる自分も

どれも偽りのない私の一部分

今の自分にとって都合の良い私だけを

「私」だと認めるのではなく

あれも私、これも私と、陰も陽

すべてひっくるめて私と受け入れたとき

心の器が少し広がるような気がします

無理に好きにならなくてもいい

”好きになれなくても「それも私」と

ただ受け入れればよい” のだと思います

私たちは生まれてきただけで

もう完全な存在なのだから

完ぺきである必要など少しもなく

どんな私も受け入れて

ひたすら己の真の姿を知ろうとし

周囲との関係を通して人生を学び続ける

ただそれだけなのだと思います

関連ブログ  「ちいさな野の花」

 

投稿者プロフィール

小松万佐子くれたけ心理相談室(安曇野支部)心理カウンセラー
今日もお読みいただきまして、ありがとうございました。
皆さまが柔らかな心で一日過ごせますように。
小松万佐子から皆様へのメッセージ

予約をする(空席確認)

小松万佐子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。 Please click here to make reservations from my calendar.

コメントはお気軽にどうぞ